便通改善作用

乳酸菌は乳酸を、ビフィズス菌は乳酸と酢酸をつくることで腸の運動を高め、便の水分を調節して便秘や下痢を改善します。

乳酸桿菌飲用による便通改善効果
便秘症状または下痢症状を呈する患者に、乳酸桿菌を1日300億個飲用してもらったところ、便秘、下痢ともに著明な改善が認められました。

乳酸桿菌飲用による便通改善効果

ビフィズス菌飲用による便通改善効果
便秘気味の高齢者の方に、ビフィズス菌はっ酵乳を飲用してもらったところ、
飲用前に比べ、飲用中の排便回数が増加しました。

ビフィズス菌飲用による便通改善効果


戻る インデックスへ 次へ