腸内フローラを改善する乳酸菌 (プロバイオティクス)

21世紀は、病気にかかってから治すのではなく、病気にならないように予防すること(予防医学)が重要視される時代です。最近では、乳酸菌の健康を保つ効果が「プロバイオティクス効果」として注目されています。
プロバイオティクスとは、腸内フローラを改善して、健康に有益な働きをする、安全性も保証された微生物で、乳酸菌やビフィズス菌が代表的なプロバイオティクスです。しかし乳酸菌ならば何でもよいというわけではなく、次のような条件を満たした乳酸菌が真にプロバイオティクスといえます。
はっ酵乳や乳酸菌飲料は、私たちが最も手軽にプロバイオティクスを摂取できる食品です。

プロバイオティクスの条件
(1) 安価でかつ容易に扱える
(2) 食品などの形態で有効な菌数が保持できる
(3) 安全性が保証されている
(4) 胃液や胆汁などに耐えて生きたまま腸内に到達できる
(5) 腸内で増殖できる
(6) 宿主に明らかな有用効果を発揮する

細菌の侵入を防ぐバリア

口から入った細菌が小腸に到達するには、胃液と胆汁という2つのバリアをくぐり抜けなければなりません。(「人の消化器官の構造と働き」参照)

胃液 …胃液の主成分である塩酸は強い殺菌力を持っており、多くの細菌はここで死滅します。
胆汁  …肝臓で作られ十二指腸内に分泌されます。脂肪の消化を助けると同時に強い殺菌力を持っています。

戻る インデックスへ 次へ