さまざまな要因で変動する腸内フローラ

私たちが健康を保つために必要な腸内フローラのバランスは、さまざまな要因で変動することがわかってきました。

偏った食事・食べ過ぎ・飲み過ぎ
高たんぱく・高脂肪の食事(典型的な欧米食)に偏ると、過剰のたんぱく質や脂肪 により、ウェルシュ菌などの有害菌が増加し、ビフィズス菌が減少します。
くすり
抗生物質(アンチバイオティクス)などを飲んだ場合、そのくすりに弱い菌(感受性菌)は死滅しますが、逆に強い菌(耐性菌)が異常に増殖して腸内フローラが乱れます。
ストレス・過労
過度のストレスや緊張、過労によって、胃や腸の働きが弱まったり、消化液や腸内分泌液の量が減ったりするため、腸内フローラのバランスが崩れやすくなります。
細菌汚染
食中毒菌が感染して腸内で増殖したり、毒素を産生したりすると、腸管粘膜が壊され、腸内フローラのバランスは大きく乱れます。
加齢
年をとると、それまで優勢だったビフィズス菌が減少し、有害菌の代表であるウェルシュ菌が増えてくることが知られています。ウェルシュ菌の増加は腸内腐敗をもたらし、老化や発がんを促進します。
運動不足
運動不足によって腹筋や腹圧が弱まると、大腸の中に残留物が残り、有害菌が増殖しやすい環境になってしまいます。

腸内菌のバランスをくずす要因腸内菌のバランスをくずす要因


戻る インデックスへ 次へ