CONTENTS
はっ酵乳、乳酸菌飲料と表示の知識

表示編

はっ酵乳、乳酸菌飲料の表示に関する公正競争規約について

■ 公正競争規約について

[規約の名称]
「はっ酵乳、乳酸菌飲料の表示に関する公正競争規約」と言います。
[当公正競争規約は、昭52年12月、公正取引委員会告示第51号により認定され、また施行規則については、昭和53年3月に承認されています。]

公正競争規約は、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)に基づき、公正取引委員会の認定を受けて、事業者又は事業者団体が景品類又は表示に関する事項について自主的に設定する業界のルールです。
[規約の対象]
乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)に適合する「はっ酵乳」、「乳製品乳酸菌飲料」及び「乳酸菌飲料」が対象となります。ただし、「殺菌乳酸菌飲料」は別に定められた「殺菌乳酸菌飲料の表示に関する公正競争規約」の適用を受けます。
[規約のあらまし]
「一般消費者の適正な商品選択に資するとともに、不当な顧客の誘引を防止し、業界の公正な競争を確保するために」次のことを定めています。

  1. 必要な表示事項
    • 種類別名称
    • 無脂乳固形分等
    • 原材料名
    • 内容量
    • 賞味期限又は消費期限
    • 保存方法
    • 事業所名等
  2. 特定事項の表示基準
    • 無果汁の表示基準
    • 原産国の表示基準
    • 特定名称等の表示基準
    • 菌数等の表示基準
    • 生乳使用強調表示基準
  3. その他の表示事項
    • 栄養表示基準
    • 特色のある原材料等の表示
    • アレルギー物質を含む食品に係る表示
    • 遺伝子組換え農産物等に係る表示
    • 容器包装識別表示
  4. 不当表示の禁止
  5. 違反に対する調査及び措置
  6. その他

[規約の施行機関]
 規約に規定された事項を円滑、確実に実施するための調査、指導監督を行うためはっ酵乳、乳酸菌飲料公正取引協議会が設置されています。

■ 表示とは

公正競争規約が規定する表示とは次に掲げるものを言います。
  1. 商品、容器又は包装等による表示
  2. 見本、チラシ、パンフレット、説明書面等による表示(ダイレクトメール、ファクシミリ等による広告を含む。)及び口頭による広告(電話によるものを含む。)
  3. ポスター、看板、ネオンサイン、アドバルーン等による広告及び陳列物又は実演による広告
  4. 新聞、雑誌その他の出版物、放送、映写、演劇、電光等による広告
  5. 情報処理機器による広告(インターネット、パソコン通信等によるものを含む。)

■ 公正取引協議会の事業について

はっ酵乳、乳酸菌飲料公正取引協議会(公取協)は、次のような事業を行っています。
  1. 公正競争規約、施行規則の見直し及び一部変更
  2. 規約解説書、Q&A集の見直し及び改訂
  3. 会員等に対する規約内容の周知徹底のための研修会の開催及び資料等の作成
  4. 商品の試売検査及び違反表示に対する調査・措置
  5. 会員等からの規約に関する相談対応
  6. 規約に関する一般消費者へのPR、問合わせ等に対する対応
  7. 関係官公庁及び関係諸団体との連絡、連携

表示の基本的事項について

■ 必要な表示(一括表示事項)

公正競争規約と乳等省令等関係法令によって、容器又は包装には次のような事項を表示することが定められています。

共通事項

  • 必要な表示事項は、見やすい場所に、邦文で、明りょうに表示する。
  • 必要な表示事項は、原則として8ポイント活字以上の大きさの文字で表示する。
    (表示可能面積が150平方センチメートル以下のものにあっては、種類別名称を除く一括表示事項の文字の大きさを5.5ポイント以上とすることができる。)
  • 必要な表示事項は、原則として一括して表示する。
  • 必要な表示事項は、原則として見出しを付して表示する。
  • 一括表示事項の表記順序は、原則として次のとおりとする。

  1. 種類別名称
    • 種類別名称は乳等省令に定められた成分規格により、次の3種類に分類されています。
      (1) はっ酵乳
      (2) 乳製品乳酸菌飲料
      (3) 乳酸菌飲料
    • 種類別名称は、一括表示とは別に最も目立つ商品名と同一視野に入る場所においても、8ポイント活字以上の大きさの肉太文字で表示します。

  2. 無脂乳固形分等
    • 無脂乳固形分及び乳脂肪分の重量百分率は、小数第1位まで表示します(2位以下は切捨て)。
    • 乳脂肪分以外の脂肪分を含むものにあっては、油脂の固有の名称及びそれぞれの重量百分率を表示します。

  3. 原材料名
    • 使用した原材料は、各々の原材料を食品添加物以外の原材料と食品添加物に区分し、それぞれ原材料に占める重量の割合の多いものから順に、原材料固有の名称をもって記載します。
    • 2種類以上の原材料からなる複合原材料については、その名称の次に括弧を付して、重量の割合の多いものから順に、原材料固有の名称をもって記載します。

  4. 内容量
    • 通常、「ml」又は「g」を使用します。

  5. 賞味期限又は消費期限
    • 賞味期限は原則として年月日を表示することになっていますが、はっ酵乳で凍結したもの(フローズンヨーグルト)にあっては年月を表示します。ただし、紙、アルミニウムはく、その他これに順ずるもので密栓した容器に収められたものにあっては、期限の日の記載をもって賞味期限又は消費期限※の表示に代えることができます。
      ※消費期限は、品質が劣化しやすい製品(通常製造日を含めて5日以内のもの)に付けられます。はっ酵乳・乳酸菌飲料の場合、通常2週間は品質に変わりがありませんので賞味期限を使用します。

  6. 保存方法
    • 保存方法は、「10℃以下で保存してください」等と具体的な方法で表示します。
      なお、「要冷蔵」の表示は、冷凍保存食品と区別するため表示してもよろしいです。
      (はっ酵乳、乳酸菌飲料は生きた乳酸菌が入っていますので、温度が高いと乳酸菌の活動が活発となり、酸度が増し味が酸っぱくなるおそれがあります。すぐに召し上がらない時には、10℃以下の冷蔵庫で保存すると風味が落ちません。)
    • フローズンヨーグルトについては、「-18℃以下で保存してください」等と品質保証のできる具体的な方法で表示します。
    • また、親切表示として「開封後は早めにお召し上がりください」等と一括表示枠外に表示することが望ましいとされています。

  7. 事業所名等
    • 通常、製造所の所在地及び製造業者の氏名(法人の場合はその名称)を表示します。また、製造所在地の住所は厚生労働大臣に届け出た製造所固有記号で記載することができます。
    • 一括表示内の製造者とは別に販売者を表示する場合は、枠外に販売者の氏名又は名称、住所を表示します。ただし、表示するものが販売者で、一括表示枠内に販売者を表示する場合には、枠外に製造者の氏名又は名称、住所を表示します。

はっ酵乳の表示例
種類別名称 はっ酵乳
無脂乳固形分 8.5%
乳脂肪分 1.5%
原材料名 生乳、砂糖、オレンジ果汁
脱脂粉乳、ビタミンC、香料
内容量 100g
賞味期限 03. 4.20
保存方法 10℃以下で保存してください
製造者 ○○乳業株式会社
東京都○○区○○町○丁目○○番地

■ 特定事項の表示基準

  1. 無果汁の表示基準
    • 果汁又は果肉が使用されていない場合並びに重量百分率で5%未満の果汁又は果肉が使用されている場合は、「無果汁」と表示します。ただし、帳票書類によってその百分率の数値を証明することができる場合に限り、「果汁若しくは果肉の割合」を百分率の整数値で表示することができます。
    • 上記表示は、最も目立つ商品名と同一視野に14ポイント活字以上の大きさの肉太文字で表示することが規定されています。
    • 「無果汁」に該当する商品にあっては、象徴的に表現した図案を除き、果実の絵又は写真による表示はできません。

  2. 原産国の表示基準
    • 外国の国名、地名、国旗、紋章等により、国産品であって外国産品と誤認されるおそれのある表示は、8ポイント活字以上の文字で、「国産」又は「日本製」等と明記します。
    • 外国産品であって国産品又は他の外国産品と誤認されるおそれがある表示も同様の扱いとします。
    • また、国内産のものであって、原産地について誤認されるおそれがある場合も上記に準じます。

  3. 特定名称の表示基準
    • 「はちみつ」にあっては、はちみつを製品の内容重量に対し1%以上含むものでなければ、商品名、絵、写真等で表示することはできません。
    • 「トマト」にあっては、トマト果汁分を製品の内容重量に対し5%以上含むものでなければ、商品名、絵、写真等で表示することはできません。

  4. 菌数等の表示基準
    • 容器又は包装に、乳酸菌数の表示をすることはできません。(ただし、特定保健用食品は除きます。)
    • 容器又は包装以外に乳酸菌数を表示する場合には、菌種名を併記し、同じ大きさの文字にするなど強調的な表示をしない。その場合、乳酸菌数は原則として1ml当たりの数値で表示します。

  5. 生乳使用強調表示基準
    • 「生乳100%使用」の表示は、原料として生乳を100%使用した場合のみできます。
    • 「生乳使用」等の文言を表示する場合は、生乳の使用割合を当該表示と同一視野に、「生乳○○%使用」又は「生乳○○%以上使用」と10ポイント以上の活字で明りょうに表示しなければなりません。

■ その他の表示事項

  1. 栄養表示基準
    • 特定の栄養成分又は熱量に関する表示を行う場合は、栄養表示基準に従い、表示する成分の含有量に加え、主要栄養成分量(たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム)及び熱量を8ポイント活字以上の文字で、容器包装の見やすい場所又は添付文書に記載します。ただし、容器包装の表示可能面積が100平方センチメートル以下の場合は5.5ポイント活字以上とすることができます。
    • 特定の栄養成分について補給できる旨、又は適切に摂取できる旨を容器包装に表示する場合は、栄養表示基準に定められた基準を満足しなければなりません(強調表示)。

      (1) 補給できる旨の表示
      1)高い旨の表示…高、多、豊富、たっぷり等
      2)含む旨の表示…含む、入り、含有、使用、源、供給等

      (2) 適切な摂取ができる旨の表示
      1)含まない旨の表示…無、ゼロ、ノン、フリー等
      2)低い旨の表示…低、ひかえめ、少、ライト、ダイエット等

      (3) 他の食品に比べて多い(少ない)等の表示[相対表示]
      相対表示を行う場合、その差が基準値に適合すること、かつ比較対象商品名及び強化量(低減量)又は割合を記載します。

    • 表示事項と表示順序
      (1) 熱量
      (2) たんぱく質
      (3) 脂質
      (4) 炭水化物(糖質及び食物繊維)
      (5) ナトリウム
      (6) 栄養表示されたその他の成分

  2. 特色のある原材料等の表示
    • 加工食品品質表示基準における「特色のある原材料」とは、「国内外を問わず特定の原産地のもの」及び「有機農産物、有機農産物加工食品等」の表示を対象とします。
    • 使用した原材料が「特色のある原材料」である場合又は製品の名称が「特色のある原材料」を使用した旨を示す場合、特色のある原材料の製品の原材料に占める重量の割合、特色のある原材料の特色のある原材料及び特色のある原材料と同一の種類の原材料を合わせたものに占める重量の割合表示します。ただし、その割合が100%である場合は、割合の表示を省略することができます。

  3. アレルギー物質を含む食品に係る表示
    特定原材料を原材料として含む食品に係る表示
    食物アレルギー症状を引き起こすことが明らかになった食品のうち、特に発症数、重篤度から勘案して表示する必要性の高い小麦、そば、卵、乳及び落花生の5品目(特定原材料)を含む加工食品については、食品衛生法施行規則の定めるところにより特定原材料を含む旨を記載しなければなりません。ただし、乳、乳製品及び乳又は乳製品を主要原料とする食品に係る表示は、規則に基づく「乳を原材料とする加工食品に係る表示の基準を定める件」によることが定められています。
    特定原材料に準ずるものを原材料として含む食品に係る表示
    あわび、いか、いくら、えび、オレンジ、かに、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチンの20品目(特定原材料に準ずるもの)についても、過去に一定の頻度で重篤な健康危害が見られていることから、これらを原材料として含む加工食品については、当該食品を含む旨を可能な限り表示するよう努めることが規定されています。

  4. 遺伝子組換え農産物等に係る表示
    • 遺伝子組換え作物である食品又はこれを原材料とする加工食品については、当該作物名又は当該原材料名の次に括弧を付して「遺伝子組換え」等の記載を行います。
    • 遺伝子組換え作物及び非遺伝子組換え作物が分別されていない作物である食品又はこれを原材料とする加工食品については、当該作物名又は原材料名の次に括弧を付して「遺伝子組換え不分別」等の記載を行います。
    • ただし、上記の場合で主な原材料としない場合(原材料の重量に占める割合が5%未満の場合)は、表示を省略することができます。
    • 対象農産物は、大豆(枝豆及び大豆もやしを含む)、とうもろこし、菜種、ばれいしょ、綿実の5作物とします。

  5. 容器包装識別表示
    • 「紙製容器包装」及び「プラスチック製容器包装」の識別表示については、「資源の有効な利用の促進に関する法律」の規定に基づき定められた「特定容器包装の表示の標準となるべき事項を定める省令」に従い行います。ただし、部位の名称等については、別途定めた「はっ酵乳・乳酸菌飲料の容器包装識別表示ガイドライン」に基づき行います。
    • 自主的表示の「紙パック容器包装」の識別表示については、飲料用紙容器リサイクル協議会で別途定めた「飲料用紙容器識別表示ガイドライン」に従い行います。

■ 不当表示の禁止

公正競争規約では、次のような表示は不当表示として禁止しています。

  1. 定義に合致しない製品
    • 乳酸菌飲料に「○○ヨーグルト」等と表示しない。

  2. 成分又は原材料の優良誤認
    • 「純」、「純正」、「天然」、「自然」、「新鮮」、「濃厚」である等の表示をしない。
    • 客観的な根拠に基づかないで、「最高級」、「極上」、「第1位」、「ベスト」、「チャンピオン」等最上級の表示をしない。

  3. 病気の予防等に効果効能誤認
    • 「保健飲料」、「美容飲料」、「栄養食品」、「自然食品」等の表示をしない。
    • 「健康づくりにかかせない」、「健康に美容に効果をあらわす」、「栄養がいっぱい」、「乳酸菌がたっぷり」等の表示をしない。
    • 「チフス菌や大腸菌を殺す」、「整腸作用がある」、「消化吸収を良くする」、「胃腸の弱い方に」、「病後の回復に」、「老化防止に」、「成人病予防に」、「体質改善に」等の表示をしない。
    • 新聞雑誌等の記事、医師、学者等の談話、学説等を引用しての上記1.、2.、3.等に該当するような表示をしない。

  4. 原産国(原産地)誤認
    • 原産国(原産地)について誤認されるおそれがある表示をしない。

  5. 過大包装
    • 内容物の保護又は品質保全に必要な限度を超えて、過大な容器又は包装を用いない。
      ※技術的理由により、80%以上の充填率を有しがたいものにあっては、公正取引協議会の承認を受けて、内容量を10ポイント活字以上の文字で、最も目立つ商品名と同一視野に表示する。

  6. 中傷、誹謗
    • 他のはっ酵乳、乳酸菌飲料を中傷、誹謗するような表示はしない。

  7. 取引の誤認
    • 製品の内容又は取引条件について、消費者に誤認されるような表示はしない。


トップへ戻る 一覧へ戻る