一般社団法人全国発酵乳乳酸菌飲料協会 信頼性向上自主行動計画

 一般社団法人全国発酵乳乳酸菌飲料協会は、発酵乳、乳酸菌飲料の衛生及び品質の向上、製造技術及び製造施設の改善並びに流通の改善を図ることにより、発酵乳及び乳酸菌飲料製造業の健全な発展に寄与し、国民の食生活の向上に資することを目的にしています。
 この目的を達成するために、協会・会員が一丸となって、発酵乳、乳酸菌飲料の安全や品質を確保し、かつ適正な表示を徹底し、消費者から一層信頼される業界となるため、下記の事項を推進するとともに、関連する情報の提供・発信、相談対応、行政機関との緊密な連携を果たして行きます。

  1. 会員企業に対して、「食品事業者の5つの基本原則」の周知を図るとともに、本基本原則に基づいて会員企業が消費者の信頼を確保・向上するために行なう各種取組について、相談対応します。
  2. 「はっ酵乳、乳酸菌飲料の期限表示ガイドライン」の一層の周知徹底を図るほか、電話相談、セミナー、発刊物等を利用して、会員企業に対して表示の適正化に向けて必要な支援を行います。
  3. 会員企業がコンプライアンス経営を徹底していくよう、FOODレビュー、乳酸菌ニュース、セミナー等を利用して、法令順守の重要性や社会規範の遵守に邁進するよう周知徹底を図ります。
  4. 消費者に対して、協会としての取組や、発酵乳、乳酸菌飲料についての正しい情報について、ホームページや乳酸菌ニュース等を利用して提供します。
  5. 協会としての信頼性向上にむけた取組の中で、明らかになってきた諸課題については、農林水産省や厚生労働省、消費者庁、公正取引委員会などの行政機関と緊密に情報を共有し、連携しつつ、解決に向けて取り組みます。




トップへ戻る 一覧へ戻る